スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて色々してみるとね

んあー、管理人です。テストにレポート課題にバイトに忙しい7月に入りました。
え?もう7月の中旬だって?そんなはずはない、あれ…13日…?おかしいなぁ

7日にキリコちゃんの誕生日祝うつもりが英語の課題やっててできなかった件
うぉおおおおお、毎年やってたのに今回は完全にタイミングを逃してしまったでござる。
ごめんね、夏休みにボトムズ見てキリコ誕生日会するからね(ぇ
いや実はサークルの書評誌で自分は「野望のルーツ」をお題にして熱く語りまして、
事前に所持してるDVDで久々に野望のルーツ見たんですけど、やっぱ凄い。
キリコのとんでも設定「異能生存体」がその後のボトムズにおいてどんな影響を与えたかを
若干不満混じりでごちゃごちゃ書いてはみましたがね。
一番気に入ってるのは野望のルーツだけど、結局一番面白いのはTVシリーズだと思います。
OVAは後付け設定多すぎて、矛盾も増えるばかり。続編が見られるのは嬉しいけど複雑なところです。
サークルのロボ好きにボトムズ勧めようと思ったけど、TVシリーズは敷居が高すぎる気がします。
4クールちょいあるし、やっぱり夏休みにまとめて見てもらうしかないかな~布教したいけど難しい。

テスト勉強しなきゃいけないのに管理人の悪い癖、懐古タイムが始まりました。
今回はフジテレビ製作の医療ドラマ「救命病棟24時」シリーズです。
1999年に第一シリーズが始まり、数年おきにシリーズが放送され去年で第五シリーズまでやってます。
私が幼稚園に行ってた頃ぐらいに母が見てたのでリアルタイムで一緒に見てた記憶がうっすら。
第二シリーズ以降は再放送されているし、第二、第三シリーズは見た記憶がはっきりありますねー
このドラマは本当に心打たれるヒューマンドラマだと思います。
昔見てた時はまだ幼かったのでそこまでじっくり話を理解できてなかったのですが、
今見てみると胸を締め付けられるような感覚とか、涙誘われる場面が非常に多いです。
ネットで第一シリーズの動画を漁って見てたんですが、面白すぎて数日で見てしまった…
私が俳優 江口洋介さんにハマったきっかけがこのドラマだと思います。
彼演じる進藤先生の人間ドラマが深いし、医療現場での仲間たちと命に向き合う姿勢がカッコいい。
口数少ない中、一言一言が相手の心情にクリティカルなものを与えるのも彼のカッコよさの一つ。
リアルでこんな人がいたら尊敬するし、モテモテになっちゃうでしょうね…と思うぐらいです。

第一~第四シリーズまで一応見てましたが、第五シリーズは全く見てません。
それぞれシリーズで出演者も大きく変わり、その医療現場の雰囲気もガラッと変わるわけですが
救命救急という生と死に関わる緊迫感ある現場ということは変わりません。
そして身体のケアだけでなく、心や精神へのケアもドラマ内では大きな要素として扱われ
患者や医師、その家族にもスポットライトが当てられていて、考えさせられる話が多い。
今まで医療ドラマは数本見てきましたが、ここまでハマった作品はないですね。
基本アニメ特撮ばかり見てる私がここまでドラマにハマることも珍しいんですけどw
各シリーズにおけるキャラクターも個性的で、それぞれのバックボーンも丁寧に描かれています。
まぁ自分は第三シリーズまでしかきちんと見てない、第四シリーズは流し見程度で
第五シリーズは江口さん出演なしで未見なので上記のことが全部に言えるかは知りません。
第四シリーズを見てた頃の感想が過去記事にあったので見てみたら、なんか幼稚なこと書いてて…
進藤先生がピーマン嫌いだった話が印象に残り過ぎてるからね、仕方ないねw
この夏休みにちゃんと見てないシリーズを見直そうかしら。

後、救命病棟で素晴らしいところは音楽の存在ですね。
どんな作品においても音楽に注目してしまうんですが、これも例に漏れず素晴らしいです。
主題歌をドリカムが担当していて、どのシリーズの楽曲も耳に残るものばかりです。
「朝がまた来る」「いつのまに」「何度でも」「その先へ」、どれも好きですね。
ドリカムの中村さんや、特撮でお馴染みの佐橋さんが劇中のサントラを担当してるのも凄くいい。
最近はドリカムの曲ばかりローテーションしてますわ。

あーレポートやらなきゃ!今週はテストまみれで疲れそう。
ドイツ語の単位だけは死守せねば…語学落とすことが一番恐ろしい。
うっし、頑張るぞ!今日から本気出す!(ぁ
続きからコメント返信です。
>初瀬野さん

コメント投稿してくださってありがとうございます。
毎度返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

もう半月で夏休み突入です、やったー!!
モチベーション上げつつ試験や課題頑張ります。
既に懐古タイムのおかげでやる気が増した分、タイムロスが出ておりますがね!

ユニコーン、公開してからだいぶ経ったので色々と感想を見ていると
リディさんの叩かれぶりには何だか笑えてきてしまいます。
マリーダさんを撃ってしまったのは間違いなく彼ですから、責められても仕方ないですけど。
それでも人生狂って失恋して暴れまくるリディさん、ガンダムの登場人物らしさ全開で好きです。

ビルドファイターズ、どんなストーリーになるかが注目ですね。
セイとチナが成長して、レイジとアイラに再会してガンプラバトルって感じになるか…
もしかしたらそれぞれの子供たちがガンプラ作ってバトルかもしれませんね。
想像が膨らむばかりで楽しみです。レコンキスタも楽しみですが。

スパロボやGジェネのアンソロジー、最近はめっきり発売されなくなって悲しいです。
しかもスパロボZから出てないので、自分がプレイした第二次Zのアンソロジーがないのは残念です。
キリコがネタにされて面白くなるだろうと思ってたら全く出る気配がないんですもん…

それでは。






>のりーさん

コメント投稿してくださってありがとうございます。
毎度返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

ユニコーン、いつものガンダムパターンなのは確かに思いました。
過去のモビルスーツが登場するのも含め、結局ファンサービスの一環なのかなと思います。
たったの1シーンしか出なくても、アニメーターにとってはそのお遊びが楽しいんでしょうね。
今まで設定として存在してても動いたことのないMSに焦点が当たってよかったと思います。

永井さんの演技が凄く心にしみましたね。
やっぱり宇宙世紀ガンダムがグッと締まってるように感じるのは永井さんのおかげだと感じました。
本当に間に合ってよかったです、永井さんでなければあのシーンはできなかったでしょうね。
シャアの願いが毎度叶わないのもガンダムのお約束なんでしょうけど、
今回のフロンタルさんは「シャア」ではないし、だいぶ危険な存在だったでしょうね(まず不気味だし

ルパンは映画しか見たことないですが、山田康雄さんの声が好きですね。
カリオストロの城、複製人間などがかなり印象に残ってるので。
時代によって作画も変わり、それに合わせて声優さんも変わる。そういう流れなんでしょうね。
リメイク作品で声優さんがごっそり入れ替わるのも仕方ないと受け入れるしかないのかなぁ。
個人的にセーラームーンのリメイクで、タキシード仮面の声が変わったのだけは受け入れられないです。
まだまだ古谷さん現役で若いのに。ドラえもんの声も未だに聞きなれないです。

ボトムズ妄想、細かいネタなのに何故か「うんうん」と頷いてる私です。
シドニアの騎士、面白かったですね。第二期もあるようだし、期待できそうです。
補助脳と聞くとネクスタントの方を思い出してしまうのは私だけじゃなかったのですね!
Dスタイルの新作、まさかのグレゴルー、ムーザ、バイマンのカスタム機。コトブキヤ渋すぎ。
しかもフィギュア付きとか、妙に拘りがありますよね。あれ、カースン機は(略

それでは。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

語り人の紹介

にわえるか

Author:にわえるか
パソコン・ゲーム・アニメ・特撮・絵を描くことが好きです。
主にロボットアニメや特撮ヒーローを見て感想をづらづら書き殴ってみたり、思い出補正のかかった作品を見て過去を懐かしんだりしております。
誰得な詳細プロフィールはこちら

各記事へのコメント投稿&ブログ拍手大歓迎です、返信もさせていただきます。
記事に無関係なコメントは管理人の判断で予告無く削除、悪質なコメント投稿等があった場合はアクセス禁止させていただきますので、最低限のルールやマナーを守って投稿をお願いします。
記事の内容については稚拙な表現が多々ありますのでご了承の上でお読みください。誤字や不適切な部分は見つけ次第修正を入れております。

最近語ったこと
最近のありがたいコメント
カウンター
ブログランキング


1日1回クリックお願いします!

参加同盟

リンク
カテゴリー
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。